Sunday, May 10, 2015

Lost Love Damien Hirst
























ミラノに Fondatione Pradaが5月8日オープンしました。
嬉しい事にオープン前にMarina Pradaに案内してもらいました。

数多くのすばらしい作品がありましたが、一番気に入ったのはやはりDamien HirstのLost Loveでした。

Damien Hirstは数年前に、ロンドン.ササビーズのワンマンオークションで1100万ポンド(200億円以上)と言う数字をはじき出しました。
多分、今世界で一番高い値段が付くアーティストです。

子供を堕胎する事を風刺した作品でした。

彼の作品に初めて出会ったのは、ANTEPRIMAを始めた時でした。

牛をカットしホルマリン漬けにしたり、何ですかこれ?と驚いた事を今でも記憶しています。
激しく、何だか不気味な彼の作品に目が離せず、彼が手掛けたファーマシーと言うレストランにまで足を向けた事があります。そのレストランも閉鎖されたようですが、解体しすべてが売りに出されたそうです。

ハーストのやる事なす事目が離せなかった訳で、有名なモダンアート展や美術館で、必ず彼の作品にであってきました。何万個と言う薬を壁一面にカラフルに一つ一つペイントした作品も牛やサメにホルマリン漬けより、かわいらしい中に薬への風刺があって好きでした。

しかし今回の作品はその意味が深いだけでなく、生きた金魚と静止した手術台とのコントラストが何とも言えずすばらしい。

美しく優しく、悲しい。そして大変激しいメッセージを我々に投げかけていました。

是非、ミラノにいらっしゃる事があれば、お立ちより下さいませ。