Sunday, March 15, 2015

FW15-16 ANTERPIMA Show in Milano GERANIUM POWER

私はシーズンコンセプトを考える時、何時も来季はどんな女性でいたいかを考えます。
やはりどんな気持ちでどんな洋服を着たいか?それが基本にあります。
夢を売るのは大事ですが、ステージにでも立つ事以外これ着て何処に行く?は、アート展に出品するかTVのCMで起用してもらうなどの特別作品と考えています。
何時かそんな服も作ってみたいですが。

マイナスする事、表現を誇示する事無く目立たせるのは容易な事ではありません。

モダンアートは近年身近なものとなって、我々はそこにすばらしい感動と驚きを見出します。
私もこの18年ほどベネチア アートビエンナーレは欠かした事がありません。
その驚きと感動を洋服の中に取り入れているデザイナーもいますが、私にとってそんな素晴らしい事をやってのけている諸先輩方は既に尊敬すべきアーティストだと思っています。
生産や売り上げの事を考えると、中々そこだけに飛んで行けない現状です。

5感をどうやって刺激してショーを行うか、視覚、聴覚…音楽も重要な要素です。
ショーには雑誌編集者の方々やイノベーティブなファッションピープルを700名ほどご招待しました。

そんな方々を招待してのショーですので、ショー前のキャットウオークに映画のヒロインが表れて、近日公開の映画のプロモーションしたり 突然有名なミュージシャンが携帯を持って現れたりなど、今後はショーをもっと多様に上手くスポンサーを付けて使いこなす人達が増えると予想します。


毎シーズン私は常に優しく、エレガントな女性でいたいと願っています。
しかし、力強くアバンギャルドで魅惑的でもありたいと、欲張りです。

今季のアンテプリマは凛とした力強さの中に 優しさと予期せぬ幸せを願っている女性像を
見出してもらえるでしょうか?ゼラニウムの花言葉のように。