Wednesday, June 5, 2013

Art Biennale di Venezia 1




5月28日からベネチアに出向き、6月1日一般公開前のアートビエンナーレを訪れました。

今回のLa Biennale di Venezia 2013年のタイトルはIl Palazzo Enciclopedico.

博学宮殿? 我々の脳は何を考え、何を作り出すのか?
そんなタイトルでしょうか?
少しタイトルも難しく、また混沌とした時代を反映するかのような展示が多かったように感じました。
はっきり言えば、考え込まなければならない、私などには理解不可能な作品が多かった訳です。




I went to Venice from May 28 and visited Art Biennale from June 1.
La Biennale de Venizia 2013 has a title [Il Palazzo Enciclopedico]
Does this title mean Intelligence Palace? What does our brain think and create?
The title was difficult and there were much exhibitions that reflect the current chaos. Honestly speaking, there were many arts make puzzle.



















2年前のビエンナーレで、Laulaに紹介を受けたアーティストLawrenceさんは今回はイタリア館に招待されていた。アーティストに出会えるのも、招待日に訪れる喜びの一つ。

やはり先見の目があるDott.ssa Laula..
2年前はBarry x Ball を、紹介していた。
今回は出発前にミラノで夕食を一緒にしたが、彼女はそのままNYへ。
Guggenhaim美術館ではお父様、Gianni Mattioli さんのコレクションが特集されていた。

The artist, Lawrence introduced by Laula during Biennale two years ago was invited to the house of Italy.
It is good to meet many artist on VIP day. Dott ssa Laula has a sense of future. She introduced BarryxBall two years ago. We had dinner together before my departure, she went to New York.
Guggenhaim Museum exhibits her father, Gianni Mattioli's arts collection.


下記は、Rudol Stingel の作品。Palazzo Glassi美術館( Mr.Francois Pinault 所有)内部がすべてこのタペストリーに床も壁も覆われた中にポツンと一部屋ごとに彼の作品が飾ってあった。

Below is Rudol Stingel's art. Palazzo Glassi Museum (owned by Mr. Francois Pinault) has covered with this tapestry but there was one point that shows his art in each room.