Tuesday, October 16, 2012

PLAY GROUNDS AND TOYS



















1995年にAdeline von Fustenberg さんに頼まれ、私は始めてアート界に作品を提出しました。
Art for the world (Playgrounds and toys)

難民の子供達におもちゃ、遊び場を提供するをスローガンにアーティストだけに限らず多くの有名な建築家なども参加。入賞すると、遊び場が現実に出来上がるシステムでした。
新しい都市を訪れる度に、新しい参加者とスポンサーを募っています。

是非、日本でも開催してもらいたいとブログに書いておこうと思いました。
やはり、夢は見なくては始まらない。そして何か行動を起こさないと。


2005年にはミラノでも、ジュネーブに続いて紹介されました。
私の作品は、宝石の形のリックサックが一枚の毛布にもなる、○×ゲームにもなると言うコンセプト。(難民の子供達には時として、モーフやリックサックが必要かと思ったので。)
残念ながら入賞はしませんでしたが、他の作品と一緒に今も世界を回っています

この作品後、アーティストとなって作品を作る事はありませんでした。
私はやはりアーティストを支援する方が自分には向いていると考えています。
そして、まだ社会的に弱い立場の女性や子供達に、幸せになってもらいたいと願っています。
今日もそんな夢を追いかけ、仕事に励みます。

I was asked by Adeline von Fustenberg to join her project in 1995 and it was my first time to put my art in the art society
The project was for refusee children and invited not only artists but also architects in order to give refusee children toys and places to play. The awards was to make the idea materialize. Whenever Adeline visits to a new city, she still invites new participants and sponsors.
I really want this project to be held in Japan, too, so I am writing in my blog.
I need to take an action in order to make the dream come true.
This project was introduced in Milan in 2005 after Geneva. I made backpack that can be convertible to blanket and cross game. (because I thought refusee children sometimes need blanket and backpack).
It is regret that I could not get an award but my art still travels all over the world with other arts.
After that, I have never made an art as an artist. I think it could be more suitable for me to support artists.
I also wish happiness to the weak of society - women and children. Today I keep on chasing after this dream, I will work hard.