Tuesday, May 8, 2012

Italian cuisine in Hong Kong

















ミラノから香港に戻り、MDチームとイタリアンディナー。
美味しいイタリアンだったが、ぐるぐる回っているので、やはりその土地の料理を味わいたい。
イタリアではイタリア料理。香港では中国料理。日本では日本料理。

当たり前の事だが、素材が持つ力が違うのか?歴史が違うのか?その国の料理が一番だと思う。もしかしたら、本来おしゃれもそんな事が言えるのかもしれない。

イタリアで時差に対応出来たと思ったら、また6時間の時差。これが結構辛い。
体力を付けて、好奇心を旺盛にもっと飛び回りたいと考えるけれど、パイロットに年齢制限があるように、空の上で年間1ヶ月以上眠る生活を続ける事が出来なくなっている。今年は半分以下の設定で予定を組んでいる。

ぐるぐる回りを続けられないのであれば、イタリアンや日本料理を香港で、イタリアンや中華を日本で食べるのも悪くない。でもイタリアではイタリア料理しか美味しく無い。そのイタリアから戻った日にイタリアンはやはりちょっと?…。この設定は今回限り。
I came back to Hong Kong and had Italian dinner with MD team. It was nice Italian food but I want to enjoy the local food such as Italian food in Italy, Chinese food in Hong Kong and Japanese food in Japan. It is off course that the best food is the country food. Maybe, this is because food material and history are different. So that means fashion could be the same.
I could adjust jet lag in Italy and now I have six hours time difference, which is very hard for me. I want to fly around more in the world but I can not continue to sleep in the air over one month a year. It is likely the pilots have retirement age. I make my schedule less than half this year.
If I can not fly around the world, it is good to have Italian or Japanese in Hong Kong, Italian or Chinese in Japan. But Italian is only delicious in Italy. I doubt my dinner to have Italian in Hong Kong right after returning from Italy? This idea is finished, no more next time.