Monday, May 16, 2011

Alexei and the spring


いのちの大地、汚染された村に泉の水はただ美しく、湧き出していた。

人間はこの百年、何の豊かさを求めてきたのか?



舞台となる「泉」は1986年4月26日に起こったチェルノブイリ原発の爆発事故で被災したべラール共和国にある小さな村(ブシチェ)にある。

この村の学校からも、畑からも、森からも、放射能が検出されるが、不思議な事にこの「泉」からは検出されない。「何故って?」「それは百年前の水だからさ」と村人達は自慢そうに答える。

こんこんと沸く「泉」は本当の豊かさとは何かを語りかける。



私はこの映画の最後「泉」が写し出された時に感動し涙が出た。



水道も無い村で、自給自足の生活をする彼らの単調に時にユーモラスにな生活を捉えただけの映画なのに。でも、だからこそお仕着せがましく感動を誘うのではなく、じわじわと1時間40分かけて私はこの映画のメッセージの一つ一つが放つ疑問に自分が答えられない悲しさと、その疑問だらけの豊かさの中に生きている自分がごめんなさい。と最後に泣きだしたような気がしている。



水野(木内)みどりさん他、この試写会を開催して下さった皆さんに感謝しています。

今、見るべき映画でした。





The spring water in the village of the mother land, which was polluted by nuclear, was still beautifully well coming out from the ground
What kind of richness did human want for these one hundred years?
[The spring] tells the place in a small village of Berar Republic in Chernobyl, Russia where the nuclear power station explored in 26 April 1986. The schools, vegetable fields and forests were affected by radiation but it was very mysterious that this spring had no influence by radiation. The villagers proudly answered “why?” “Because this water comes 100 years ago” “The spring has been continuing well off from the ground”.
This movie just shows the village life which has no infrastructure and with simple farmers’ life, but finally I wanted to cry because I felt ashamed for not able to answer the questions on which this movie asked each question for 1 hour 45 minutes to me who lives life in the rich but many uncertainties. I appreciate the organizer of the movie show such as Mrs. Midori Mizuno (Kiuchi). This movie is hot now.