Thursday, July 8, 2010

Passion

9月末に開催予定のショー準備にとりかかる時期がきました。
何故ショーをミラノで開催するのですか?と言う質問を受ける事が度々あります。
私の答えはいろいろですが、一番は一緒に働いている人達と情熱を共有したいからだと思います。

仕事を熱く語っても、かえって白けてしまう人も多い。
一つの目的に向かって、一緒に熱い時間を共有する事でしか情熱は伝えられない気がします。
一緒に眠らずに働いて一つの仕事を終える。そこに連帯感と情熱が生まれる訳です。
売り場の人達も是非一人ずつ参加して欲しいとも思っています。


ショーは何故ミラノでするのですか?と問われれば、やはり世界を目指したいからですと答えます。
東京には世界の情報は集まっても、情報源には遠い極東に位置している為、バイヤーも編集者も集まらない現状です。

NY.London.Milanとコレクションが始まりParisが終わるとバイヤーも編集者も今年のショーは終わったと言う気分になり、東京やその他の国には出向こうとしません。
バイヤーは予算も使ってしまっているので、行っても意味が無いと思ってしまうのでしょう。

http://anteprima.com/collection/fw10/video/index.html

話しは変わります。
「今ソシアルコミニケーションの世界が大きく変わろうとしている。」と熱く語ってもその情熱もあまり伝わりません。
やはりTwitterなどで、楽しくおもしろい出会いや事件を一緒に共有し経験し合う事が大切だと思っています。
そんな訳で明日はtwitterを頻繁に使っている女子社員と六本木でビア女子会を開く事になりました。

情熱を伝える事は難しいけれど、方法はいろいろありそうです。
仕事にも人生にも情熱を持って接してもらいたいものです。

It is time to prepare for show which will be held in end September. I am sometimes being asked what’s the reason for doing Show in Milan. I have numerous reasons, but I think one of the key is that I want to share my passion with my colleagues.
Some people get bored when I talk about my work with enthusiasm. It is the only way to send passion by moving everybody towards the same goal and sharing passionate time together. We work together without sleep to finish the job. This is how the teamwork and passion are born. If I am asked why it is Milan, the reason will be to aim for International. Tokyo has global information but it is in Far East which is far away from actual scenes, so buyers and editors will not gather. After long stay for collections in New York, London, Milan and Paris, buyers and editors seem looking forward to the end of collections and will not go to Tokyo or another city. Their budget are also used up by that time, so they might feel it is useless to go to Tokyo.
“Now the world is changing with social communications.” Although I say so, people would not take my passion seriously. So, it is important to share fun and events through Twitter or so. I have a plan to hold beer party in Roppongi tomorrow, with female company staff, who frequently use Twitter.