Friday, December 4, 2009

Designed Death


”日本文化デザイン塾”
12月12日15:30分より赤坂Bizタワー12Fにて「死とデザイン」についての講座があります。
講師は水野誠一さん、黒川雅之さん、マリ・クリスティーヌさん。会費は4000円。
香港、ミラノ、パリ、モナコ、東京と、既に12人以上の死ぬはずもなかった友が逝ってしまった経験を持つ私は、
昨日も死について考えていました。
運命は決まっていて、神様がくれたすばらしい時間に感謝して、ありがとう。ごめんなさい。愛してる。かな?
「誰にでもやってくる終幕を迎えるにあたり、計画を立て、遊び心を忘れずに、細かく配慮して、しかもエレガントに準備する為に。」
Byティモシーリアリー 
死をデザインする事、それは丁寧に生きる事から始まるのかもしれない。
There will be a talk about designed death in Japan Cultural Design Study at 15:30 on December 12 at 12th floor of Akasaka Biz Tower. The lecturers are Mr. Seiichi Mizuno, Mr. Masayuki Kurokawa and Ms. Marie Christine. Entry fee is 4000 yen. I have over 12 friends passed away who were not supposed to and I was thinking about death yesterday, too. Since our fate are already fixed we need to appreciate wonderful time given by God and saying thank you, sorry and I love you.
[In order to accept the end which everybody will have, it is necessary to plan / not to forget playful mind / to consider about detail matter / moreover to be elegant. By Timothy Really] To design death starts from living nicely.