Saturday, November 28, 2009

Milano Design office


工作室のようになってしまったミラノ事務所。ANTEPRIMA/MISTO商材開発をデザインスクールの学生達に来て手伝ってもらっています。すばらしいアイデア作品が出来上がりましたが、工程に所要した時間やマテリアルコストなどは度外視しているので、商品化出来るのは極わずか。
幾らで幾つどんな人に販売したいの?はまだ彼らの頭の中には無いようです。
プロダクツをデザインすると言う事はそう言った目的を持つ事であると理解してもらえば良いデザインが生まれそうです。
Milan office became like a crafting room. I got help from the students of the design school for Misto production. Wonderful products completed but since they had no considerations on working time and material cost, there were only a few items materialized. They still don’t have any ideas on sales strategy at all. I think they can make good designs if they understand that designs of products are meant for that purposes.