Monday, October 19, 2009

Milano collection


一昨日ファッション通信にてミラノコレクションが放映されました。
モードとはあまり関係のない両親は、「あんな服誰が着るの?」と他ブランドが着用している人を想像できないような服ばかりを見せている事に疑問を持ったようです。ANTEPRIMAはその中では、少しは安心して見れたとの感想でした。
アートとデザインの違いは目的を持つか、持たないかと言う事ではないかと思います。
アートがこれほどまでに一般に浸透した現代において、デザインはより目的意識をはっきりと打ち出す必要に迫られているように思います。
女性を幸せにしたい。ANTEPRIMAの究極の目的はそこにある気がしています。
ショーのあり方を素直な両親の言葉で、考えて始めています。
Milano Collection was broadcasted in Fashion TV on the day before yesterday. My parents who are not related to fashion mode looked at the other brand and had doubt what kind of people on the earth wear those clothes? But they said they would feel a little relief on ANTEPRIMA. I think the difference between art and design is to have a purpose.
During the age when art had become so close to general people, design is forced to put much clearer intention of purpose. I believe ANTEPRIMA’s best purpose is that I want to make women happy. I started thinking, with the honest words from my parents, what fashion show is supposed to be.