Saturday, February 14, 2009

Next 2010~2110


(1954 Paris モード雑誌)


(1954年12月装苑)
シャネルがパリのカンボン通りに帽子専門店を開いたのが1910年。来年で100年を迎えるシャネル。その100年はファッション黄金時代と言っても良いかもしれません。今その100年が終了しようとしているのかもしれません。

100年に一度の不況と、PC普及、美容などの他の消費が急激に女性の生活を変えています。毛染め、ジェルネール、エクステンション、フェイシャル、フィットネス、アンチエージング、自分へのご褒美旅行、どれを取っても時間とお金がかかります。ファッションは一位を奪われ、女性はお金も時間も十分に使う事が出来なくなりました。また平等意識が普及し、デートをしても男性が食事を支払うような時代でも無くなってきましたし、女性は男性よりファッションに自由にお金を使えなくなってしまった訳です。

また、昔は世界を駆け巡るジェットセット、ファッションピープルを通してしか、知る事のできなかったモダンアートは、インターネットを通じて、また美術館などで手軽に接する事ができるようになりました。巨大化したファションブランドがモダンアートのスポンサーをした事でまた多くの人がアートを知るようにもなりました。しかし、アートは既に新たなスポンサーを見出し始め、独自に活躍の場を広げています。そして、既に本物のアートと身近に接する事の出来る今、その驚きと希少性をファションの中に見出そうとする人は少なくなってきました。

また、インターネットにより何もかも比較ができ、場所や値段なども解るので、購入前に無駄なリサーチをせずに済むようになりました。買い物に出歩く事が少なくなった訳です。ウインドーショッピングが楽しかった時代が懐かしいほどです。ファッションが与えた影響は、多大であった100年ですが、比較出来るようになり、インターネット上でスーパースター達の素顔を知った後、ドレスダウンも止まりませんでした。ショー後にリンゴをかじったりしながら、バックドアから出て行く、ラフな格好のモデルに憧れる若者達は増えるばかりです。

私は1954年に生まれ半世紀近く、成長するファッションと共に生きてきました。欲しい物の一番は、新しい服、バック、靴であった訳です。そして、時間があればお店を見て回っていました。 今、生きてきた時代を振り返り、これからの時代をしっかりと見極める必要に迫られています。

この2月25日から3月4日まで開催されるMilanoModaDonnaは大荒れです。モードの落ち込みを受け入れ脇腹を絞めて模索しようとする首脳人。反骨精神がいっぱいでスポンサーを泣かせてもファッションにチャレンジ、ニュートレンドを提案しようとするデザイナー達。正解のない問答のようです。

2009-2010年秋冬コレクション。疑問はいっぱいなのですが、答えはまだ見つかりません。今までどうり、目の前にある事に一生懸命に取り組み、時代の先を見据えて、ファッションに喜びと、独自性を見出しながら進みます。
膨大なリサーチ、チャレンジ精神、スピード感。そこから生まれる新しい発想やデザインがプレタポルテだけに留まる事なく新分野にも名乗りを上げる時代がやってきたと理解しています。そして、イタリア、日本、香港を結ぶ文化の架け橋になれれば良いと願いながら、新しい100年を迎えようと思っています。
It was 1910 when Chanel opened their hat boutique in Cambon Avenue. Chanel will have 100 years’ anniversary next year. We may say this 100 years is a golden age of fashion, and I think this 100 years will be over soon.
The poor economy after 100 years, rapid spread of PC, and other interesting consumption facts e.g. beauty, are changing women’s life. All these facts such as hair dye, gel nail, eye-lash extension, facial care, fitness, anti-aging, travel to reward ourselves, need time and money. Fashion is no longer put in the first place and women are not able to spend so much money and time. Because of the concept of equality, it is no longer the time that guys will always pay for the date, so women are now not able to spend more money on fashion.
Also modern arts, which used to be accessible only among jet-setters or fashion people, are now highly accessible through internet or museums by more people. The big fashion houses sponsored modern arts, and many people came to know more about arts. Now more people can understand the real arts, so they don’t see surprises and rareness in fashion.
Also we can check through internet, compare the prices and places, so people don’t have to do too much research. Eventually, we don’t have to go shopping around so often. I missed window shopping. It was 100 years that gave a huge influence but it is now that people can compare and check on internet about celebrities’ true attitude. Dress-down can’t be stopped. More and more young people have check through internet, they like and and copy super models’ clothing and attitude - wearing rough clothes, biting an apple, going through the show’s back-door.
I was born in 1954 and lived with growing fashion for half a century. During those days, I wanted new clothes, bags and shoes. I went around shops as soon as I have time. It is now that I need to look back the time I have lived and watched carefully what is good in coming future.
Milan Moda Donna is not quite smooth which will be held between February 25 and March 4. There are management people who acknowledge this bad situation of fashion mode and try to look for solution. Designers who have strong will to challenge fashion and suggest new trend always make their sponsors cry, there’s no answer to who is right.
Fall-Winder Collection 2009-2010, I have many doubts but can’t find answers. As what I have done, I do my best on whatever it is in front of me and try to find joy and creativities in fashion. I do huge research and need to keep challenging in high speed. I know that new ideas and designs come out will not only stay in pre-a-port but also move into the new field and wishing that I can be a cultural bridge between Italy, Hong Kong and Japan and welcome the coming of the new 100 years.