Tuesday, December 30, 2008

Design・My Birthday



この写真のニットも、このバックも全世界合計で50以下のオーダーでした。
ビジネスとしてのデザイン、ただ消費を作り出す手段として甘んずる事を良しとしないならば、デザインに思考と目的、その根底に哲学が必要なのだと思います。良いデザインとして話題を作ってもビジネスにならない、そんな日の目を見ないコレクションアイテムが多々あります。

そんな中で、万人に愛されると言う事は無いとしても既に30万人以上の方々に購入いただいたワイヤーバックは驚異的な売上を作っています。その哲学はコントラストでした。ワイヤーと言う未来的なマテリアルを手で編んで、言わばバックの原点と言われる物を作った訳です。愛される理由は、軽い、中が明るく見える、パーティーにも普段使いにも用途を選ばない、平になって持ち運びに便利、ブランド名の表示が目立たなくて良い、手編みなので光を受けて輝く、色がきれい、自然と愛される理由を沢山持っていたデザインでした。物を作る事も人を愛する事も、愛されようとすればするほど、上手くいかないのかもしれません。 愛を注ぎ込めば、自然と愛されるようになるのでしょう。

今日は幸せと感じるのは物質ではなく、精神的豊かさにあると再認識した日でした。その為にデザインに何が出来るのか?何をなすべきなのかを考えて始めた一日でした。
This bag and knit were ordered less than 50 pcs by each country. If design is only for business, it needs purpose, mean and philosophy in the base. There are a lot of items received good reputation, but they are not for business and that’s way they became non-successful.
In this situation, Wirebag is making record breaking sales by 300,000 persons not reaching to one million yet. The philosophy is ‘Contrast’. Wire that is future material is knitted by hand, and other words, we made handbag’s origin. The reason for receiving this reputation is light, see-through, good for TPO, flat easy to carry, no show-off brand name, handmade so shinny by light, beautiful colors, and so on. If someone chase after love, it would not be successful.
Today is the day I recognize happiness stays in mental happiness not in material. In order to do so, what can design do? What can we do ?