Tuesday, October 31, 2006

Damienhirst


アーティスト、Damienhirstが本を出した。
ロンドンで彼がコラボしたレストラン、ファーマシー に行ったのはもう何年前だろう。
1990年代に彼の作品の意味が理解できないまま、
ただ怖くて、強くて、美しいと感じていた。
彼がアーティストとして、人間として
もしかしたらそんな風に存在したいと願っていたのかも知れない。

時代もハードからソフトに流れて行ったように、
彼の作品には、何時も次の時代の訪れを見せてもらうような気がする。

Paris /Palais de Tokyoのブックショップにて購入)
ページをめくるごとに楽しい本だ。
購入をお勧め。

明日11月1日はお休み。(お墓参りに行く日なのだそう)

Paris には、Eric Gizard(アーキテクト)に会いに来た。
AFの機内、JanPatouのParis店などを手がけている。

明日はまたMilanoに戻る。