Sunday, July 2, 2006

これでも愛せる?



ミラノマルペンサ空港に到着した。[今日はショぺロ(スト)です。]とタクシードライバーに言われた。
組合に反して営業するタクシーや白タクを見張っているのだ。
バスで駅まで、到着しても誰も荷物を降ろしてくれない。
乗客が自分達で、荷物を降ろす。引き換え券もない。これで間違って持って帰ったらどうなるのだろう。
日曜日で会社もお休み。
意を決して、時差ぼけと運動不足解消に、家まで1.5kmを大荷物を転がしながら歩き始めた。
私の前にも、そう決意した女性が歩いて行く。
利己的で幼児性の強い男性を愛してしまったように、何時もイタリアは私を試す。
これでも愛せる?愛している?と。
明日はまたEurostarに乗って、Firenzeに向かう。ストが終わっていますように。